40代から行なうべきスキンケア|化粧品の成分を調べる

女性

老化から肌を守ろう

フェイス

早めの対策が必要

40代は、更年期に差し掛かり肌の衰えが目立ち始める年齢です。50代になると多くの女性が閉経を迎え老化が一気に加速します。女性ホルモンは20代の頃に比べて半減し、そのため自律神経も不安定になります。体調の変化だけでなく肌にも衰えが目立ち始め、皮膚は水分を保つことができず乾燥しがちになります。そのため、シミやシワ、たるみなどの肌のトラブルが増えてくるのです。50代の肌のトラブルを少なくするためには、40代からのしっかりした肌のお手入れが必要となります。40代はまだある程度の女性ホルモンが分泌されています。50代になりその女性ホルモンの分泌が崩れる前に、有効成分の入った基礎化粧品でハリや潤いのある素肌をつくっておくことが大切なのです。

肌に有効な成分とは

40代の肌にとって大切なのは保湿力で、これを守るためにはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が入った基礎化粧品が効果的です。特にセラミドは保湿力が高く、中でもヒト型セラミドと呼ばれる成分が最も効果を発揮します。ヒト型セラミドは高価なので美容液に使われる場合が多いのです。それで、最初にヒアルロン酸などの入った化粧水を使い肌に美容液を浸透させやすくします。そのあとでヒト型セラミドの配合された美容液を使うと浸透性が増します。保湿力が失われるのは真皮のコラーゲンが減少するためですが、これは基礎化粧品に含まれたコラーゲンでは補うことはできません。基礎化粧品のコラーゲンは肌の保湿のための成分で真皮のコラーゲンを増やすことはできないのです。これを増やすにはビタミンCが配合された化粧品が有効的です。

Copyright© 2016 40代から行なうべきスキンケア|化粧品の成分を調べる All Rights Reserved.